俳優

鈴木亮平の学歴と偏差値まとめ!出身は東京外国語大学!学生時代のエピソードまとめ

鈴木亮平 学歴

鈴木亮平の学歴や通っていた大学や高校の情報やエピソード、偏差値に関する情報を調べてまとめました。

鈴木亮平のプロフィール

  • 生年月日:1983年3月29日
  • 身長:186cm
  • 出身:兵庫県
  • 血液型: A型
  • 最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)
  • 既婚。子供は娘1人。
鈴木亮平の学歴と偏差値まとめ
  • 大学:東京外国語大学 外国語学部欧米第一課程英語専攻(偏差値:65)
  • 高校:芦屋南高等学校 国際文化科(偏差値:58)
  • 中学校:西宮市立今津中学校
  • 小学校:西宮市立津門小学校
鈴木亮平の代表宇作
  • 連続テレビ小説「花子とアン」  村岡英治 役
  • NHK大河ドラマ「西郷どん」 主演・ 西郷隆盛 役
  • 映画「俺物語!!」主演・剛田猛男 役

鈴木亮平の学歴は東京外国語大学(東京都)偏差値65

鈴木亮平が通っていた大学は、東京都にある東京外国語大学です。
外国語学部欧米第一課程英語専攻でした。(※現在の言語文化学部)

住所:〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1

偏差値は65で、上位7%難関校です。

東京外国語大学と同じ偏差値の学校

  • 青山学院大学
  • お茶の水女子大学
  • 学習院大学

東京外国語大学は日本で唯一国立外国語大学です。

14地域28言語を専門的に学べる学校。
言語だけでなく、世界諸地域の文化や社会についても学びます。

鈴木亮平と同じ東京外国語大学の卒業生
名前 職業 進学先
夏目三久 アナウンサー 外国語学部ベトナム語専攻
光浦靖子(オアシズ) お笑い芸人 外国語学部インドネシア語専攻
山岡潤平 脚本家 外国語学部フランス語専攻
利根健太朗 声優 外国語学部フィリピン語専攻

鈴木亮平の大学時代のエピソード

高校時代には役者を目指していたため、東京の大学への進学を希望していたそうです。

英語が好きで、英語を学びたかったことも、東京外国語大学を選んだ理由です。

「役者になってもすぐには食べていけないだろう」と思っていたため、お金のかかる私立は選択肢から外したと話しています。

鈴木亮平さんはアメリカへの留学経験もあり、英検1級も取得しています。
英検1級は「大学上級レベル」とされ、合格率は10%程度です。

あかね
あかね
プロフィールにかけるものが欲しくて英検1級を取ったそうです。実は取得前からプロフィールに書いていて、必死に勉強して2回目の挑戦で取得したというから驚きです。英検の取得も俳優活動のためだったんですね。

鈴木亮平さんが流暢な英語を披露している動画をご紹介します。

こちらのCMでは、英語でナレーションをしています。

みいこ
みいこ
流暢な英語を話す姿は本当にかっこいいですね!2018年には初めての著書となる英語本が出版されています。

大学時代には3年間NHKでアルバイトをしています。
「NHKステラ」の表紙に起用された際、自身のブログで明かしていました。

実は学生時代、NHKで3年間バイトしていたことがあるんです。
報道番組の雑用係としてでしたが、その時からよく見ていた雑誌だったので感無量です。
引用:https://ameblo.jp/suzuki-ryohei/entry-11879420913.html

もともと役者を志していたため、大学では演劇サークルに所属。
同期には声優の利根健太朗さん、脚本家の山岡潤平さんがいました。

「役者を一生の仕事にしよう」と決心したのは、最初の公演後でした。

「最初の公演後にお客さんを見送るとき、よかったよと言ってもらえたり、なかには泣いている人がいたり。こんなに他人の気持ちに影響を与えられるんだと。絵画とか音楽とか、いろんな表現方法がありますけど、人間関係をその場で再現してみせるというのは、実生活にいちばん近いと思ったんです。その破壊力にハマってしまいました」
引用:https://news.livedoor.com/article/detail/13768817/

以降は演劇漬けの大学生活を送りました。

今の仕事に生かされている大学時代の経験は「映画をたくさん観たこと」

今思うと、いちばん役に立っていることは映画をたくさん観たことですね。1日1本は必ず見て、見られる日は2本観ていました。なにかやらなきゃと焦っていた中で、とにかく勉強しようと思って無我夢中でやっていたことが、のちのちすごく役立っています。
引用:https://news.nicovideo.jp/watch/nw3241424

あかね
あかね
お芝居のワークショップか何かで「映画をたくさん観られるのは今しかない」と言われたことがキッカケだったそうです。

しかし、大学3年生のとき「このままで役者になれるのか?」と疑問を抱くように。

焦りを感じた鈴木さんは「とにかく動かなければ」と、芸能事務所を直接訪ねたり、履歴書を送ったりしました。

その数はなんと50社以上

みいこ
みいこ
手応えがなく、かなりキツかったそうですが、それでも「ここで諦めるやつは役者になれない」と自分に発破をかけていたそうです。

そんな苦労の甲斐もあり、キャスティング会社の紹介でモデル事務所に所属が決定。

モデル時代には友近亮平の芸名で活動をしていました。
鈴木亮平が好きなお笑い芸人の友近さんが由来だそうです。

https://twitter.com/1119Sekaowa/status/507892017595027456

あかね
あかね
友近さんのネタが好きだそうで、彼女の観察力と表現力を「天才」とべた褒めしていました。ちなみに現在もモデル時代の友達には「トモチ」の愛称で呼ばれているんだとか。

モデルを経験してよかったことは、「オーディションに落ちることに慣れた」ことだと話しています。

「モデルを経験したことで、オーディションに落ちることに慣れました。モデルって、ほぼ外見しか見られないんです。行って4秒で落とされることもある。でも、役者の場合、芝居をやらせてくれる。ということは、芝居がうまくなれば通るということ。努力する方向が見えるんです。それがよかった」
引用:https://news.livedoor.com/article/detail/13768817/

所属していたモデル事務所が、現在所属しているホリプロと業務提携したことで、役者としてのスタートを切ることとなります。

2006年、23歳のときに「演技学校アクターズクリニック」に入校。

みいこ
みいこ
俳優で映画監督の塩屋俊さんが設立した演技学校で、俳優育成に定評があります。
卒業生には相武紗季さん、桐谷健太さん、向井理さんなどがいます。

鈴木亮平さんは、塩屋俊さんの下で演技を学びました。

塩屋さんは鈴木さんの才能を見出し、出会ったころから「世界に通用する役者になれる」と言い続けていたそうです。

2010年には、塩屋さんの監督作『ふたたび swing me again』で鈴木亮平さんが主演を務めています。

俳優・鈴木亮平さんの成長に大きく関わった塩屋俊さんでしたが、2013年6月に56歳の若さで急逝しています。

「愛弟子中の愛弟子」とも言われた鈴木さんは以下のコメントをしています。

色々な顔を持ち、それぞれの分野で大きな功績を残した塩屋さんですが、僕にとっては自分に演技を教えこんでくれた恩師であり、卒業後もいつも飯に連れて行ってくれる、東京で唯一父と呼べる存在でした。演技や仕事の方向性に悩んだときはいつも相談し、そのたび貴重なアドバイスをいただきました。いくら感謝してもしきれません。
引用:https://ameblo.jp/suzuki-ryohei/entry-11870950612.html

演技学校に入校した同年の2006年7月、ドラマ『レガッタ〜君といた永遠〜』で俳優デビュー

https://twitter.com/akiko_twins/status/1098609890182991872

2007年12月には『椿三十郎』で映画デビューを飾りました。

2010年、小栗旬さんが監督を務めた『シュアリー・サムデイ』に出演。
この作品が世の中に知ってもらうキッカケになったと話しています。

「小栗旬とは、24歳のとき、ドラマで初めて共演して。その3年後に彼が監督した映画『シュアリー・サムデイ』(2010年公開)にキャスティングしてくれたことが、世の中に知ってもらうきっかけになりましたから。同い年で同業者だから、あまり認めたくないですけど(笑)」
引用:https://smart-flash.jp/entame/27200

2011年には一般女性との結婚を発表。同年11月に女児が誕生しています。

この度、私鈴木亮平は、かねてよりお付き合いさせていただいておりました女性と結婚することになりました。
学生時代からお付き合いしていた年上の女性で、一般の方です。
先日挙式をさせていただき、そして、12月に誕生予定の新しい命も授かっています。
この年に新たな命を授かったこと、その意味をかみしめながら、子供という奇跡が時代の希望として生まれてきてくれることを心待ちにしています。
引用:https://ameblo.jp/suzuki-ryohei/entry-10967881134.html

2014年、連続テレビ小説『花子とアン』にヒロインの夫・村岡英治役で出演。

2015年公開の映画「俺物語!!」では、主人公・剛田猛男役に起用されました。
役のために30kgも増量するなど、徹底した役作りが大きな話題に。

2018年には、NHK大河ドラマ『西郷どん』に主役・西郷隆盛 役で出演。
NHK大河ドラマ初出演主演という大役を務めました。

以降も俳優として第一線で活躍されています!

鈴木亮平の学歴は芦屋南高等学校(兵庫県)偏差値58

芦屋南高等学校引用:Googleマップ

鈴木亮平が通っていた高校は、兵庫県にある芦屋南高等学校の国際文化科です。
(※現在は兵庫県立国際高等学校)

住所:〒659-0031 兵庫県芦屋市新浜町1番2号

偏差値は58で、上位20%くらいのやや難関です。

芦屋南高等学校と同じ偏差値の学校

  • 兵庫県立大学附属高等学校
  • 甲南高等学校
  • 愛徳学園高等学校

芦屋南高等学校は2005年3月に閉校
現在は国際教育の専門高校、「国際高等学校」になっています。

単位制を導入しており、決められた単位を取得すれば卒業可能。
併設する芦屋国際中等教育学校と授業や特別活動・行事などで連携を図る

鈴木亮平と同じ芦屋南高等学校の卒業生
  • 畑健二郎(漫画家)
  • ミカエル(モデル)
  • 大久保麻理子(女優)

鈴木亮平の高校時代のエピソード

子供の頃から英語が好きで、「高校1年生から1年間は留学する」と決めていたそうです。

高校を決めたポイントは、留学期間の単位が認められ、帰国後に2年生への編入が可能なこと。

高校1年生のときに念願の留学。行先はアメリカ・オクラホマでした。
「留学の衝撃に勝る体験はない」と語るほど、留学は心に残る経験だったようです。

周囲に隣家が1軒しか見えないような田舎にホームステイしていたので、学校には日本人はおろか、アジア人は一人もいません。そして家に帰ったらホストファミリーとずっとしゃべるんです。いまと違ってスマホもSNSもないですから。まったく逃げ場がない環境で過ごす1年は相当密度が濃かったように思います。
引用:https://president.jp/articles/-/28940?page=2

留学先の学校では、特別にプロム(卒業ダンスパーティ)に参加させてもらったことも。
そこでは、なんと学内人気投票第1位にも選ばれたんだそうです。

留学後は俳優になりたい気持ちも、より強くなったと話しています。

俳優になりたいと思ったのは中学時代ですが、本気でやろうと思ったのは留学後です。海外の作品に出られるような俳優になれば、アジア人の存在感をもっと高められるかもしれない、と思うようになりました。
引用:https://www.asahi.com/edua/article/14302074

高校ではバスケットボール部に所属していました。

当時の芦屋南高等学校の国際文化科は40名1クラスのみ。
鈴木亮平さんは男子が3人だけで女子ばかりのクラスにいたそうです。

「ハーレムみたいに思われるけど、実は僕も女の子みたいなノリで女子高みたいになっちゃって、意外に女子の恋愛の悩みを聞かされる立場でした」
引用:https://mdpr.jp/cinema/detail/1536927

鈴木亮平の学歴は西宮市立今津中学校(兵庫県)

西宮市立今津中学校引用:Googleマップ

鈴木亮平が通っていた中学校は、兵庫県にある西宮市立今津中学校です。

住所:〒663-8228 兵庫県西宮市今津二葉町5-15

今津二葉町にある公立中学校。

教育目標は「人間性豊かな生徒の育成」。
年に数回、全校生徒がボランティアに参加する。

鈴木亮平と同じ西宮市立今津中学校の卒業生
  • 村上秀一(ドラム奏者)
  • 菊本和昭(トランペット奏者)

鈴木亮平の中学時代のエピソード

中学時代に映画を好きになったことから、俳優を目指すようになりました。

みいこ
みいこ
ジャッキーチェンの出演作や『ロッキー』などをレンタルして観ていたと話しています。

同級生の中で役者志望は珍しく、周囲の反応は冷たかったようです。

「まわりは “なに言ってんの?” っていう反応だったから、負けず嫌いに火がついた」
引用:https://smart-flash.jp/entame/27117

中学校でも英語は大好きな教科で、授業も真面目に聞いていたと話しています。

また小学生のころから通っていたYMCAのプログラムで短期ホームステイを経験。
中学2年生と中学3年生のときに、オーストラリアとアメリカを訪れています。

あかね
あかね
YMCAのプログラムはお父さんが見つけ、「行きたかったら行ってもいいぞ」と言ってくれたんだそうです。素敵なお父さんですね!

このホームステイの経験から、留学したい気持ちが強くなったと話しています。

「そのときは楽しい思い出しかないですね。英語ができない!とは思わず、むしろ身振り手振りを交えてどんどん積極的に行けば通じるんだ、と。それで本格的に留学したい気持ちが高まりました」
引用:https://croissant-online.jp/life/68420/

中学時代には洋楽を聞き始め、当時はセリーヌ・ディオンをよく聞いていたそうです。

みいこ
みいこ
中学生で洋楽のバラードを聞くなんて、ロマンチストみたいですね。

鈴木亮平の学歴は西宮市立津門小学校(兵庫県)

西宮市立津門小学校引用:Googleマップ

鈴木亮平が通っていた小学校は、兵庫県にある西宮市立津門小学校です。

住所:〒663-8245 兵庫県西宮市津門呉羽町5-13

津門呉羽町にある公立小学校。

創立時の校名は「今津第二尋常高等小学校」。
1947年に現在の校名に改称されました。

鈴木亮平の小学校時代、幼少期のエピソード

家族構成は、両親、兄、妹の5人家族です。

小学生のころはうるさい子供だったと振り返っています。

うるさい子どもでした(笑)。ガキ大将みたいにヒエラルキーが上ではないけれど、ただ騒がしいお調子者って、クラスにいるじゃないですか。周囲の人をからかって、それで相手が傷ついたことを知ったり「うるさい」と怒られたりして、「あー、俺、ウザかったのかな」と落ち込む……。そういう、うっとうしいタイプでしたね。
引用:https://news.livedoor.com/article/detail/16852229/

物心がつく頃には両親と一緒に映画を字幕で見ていました。

7歳のときに初めてアメリカに旅行
叔父さんがロサンゼルスに住んでいたため、家族全員で遊びに行ったそうです。

この旅行がキッカケとなり、英語に興味を持ったと話しています。

小学2年の時に行ったロサンゼルスはすごく楽しくて「英語ができるようになれば、いろんな人と話せる!」と思ったんです。
引用:https://www.asahi.com/edua/article/14302074

10歳のときにYMCAの英語教室へ。
勉強というより、遊びの延長で通っていたそうです。

小学校高学年のころは役者ではなく、声優になりたいと思っていました。

「この番組だから言うわけじゃないんですが、最初声優さんになりたかったんですよ。『シティーハンター』が好きだったので、声優さんだったらこういうフィクションの世界に入り込めるかなと思ったんですよ」
引用:https://radichubu.jp/kamiya/contents/id=22622

ちなみに鈴木亮平さんは2016年公開の『ルドルフとイッパイアッテナ』で声優に初挑戦しています。

1995年、小学校6年生のときに阪神・淡路大震災に被災。
鈴木亮平さんは地震が起きた時、2段ベッドでお兄さんと寝ていました。

「あの時、子ども部屋の2段ベッドで兄貴と寝ていた。地震が起きてすぐに父親が部屋に飛び込んできた。『地震だ。外に出るぞ』。暗闇の中、部屋に立つ父親のシルエットが頭に焼き付いている。」
引用:https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/20/201501/0007632085.shtml

震災が起きた町の景色を覚えておくように父親に言われたことを明かしています。

「地震からしばらくして阪神電車が神戸まで復旧した日、父親に連れられて電車に乗った。車窓から見えた神戸のまちは悲惨だった。『この景色をしっかり覚えておけ』。父からはそう言われた。地震とはどういうものか、地震が起きればまちはどうなるのか。父と一緒に電車に乗りながら、痛み、苦しみを知った」
引用:https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/20/201501/0007632085.shtml

卒業式では体育館は避難所として使われていたため使用できず、校庭で行われました。

当時児童会長を務めていた鈴木亮平さんが答辞を読んでいます。

「僕は児童会長だった。紅白の幕が張られた運動場で答辞を読んだことを覚えている。当時の状況を知らない人に卒業式の写真を見せると、運動会と勘違いされる。中学生になってからは公園で遊んだ記憶がない。近所の公園は仮設住宅が建っていたので使えなかった。でも、それはそれで楽しんでいた。狭いスペースで遊ぶために知恵を働かせた。震災は悲劇的に語られがちだけど、渦中にいた僕は、人のたくましさも感じていた」
引用:https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/20/201501/0007632085.shtml

鈴木亮平の学歴まとめ

鈴木亮平の学歴と偏差値まとめ
  • 大学:東京外国語大学 外国語学部欧米第一課程英語専攻(偏差値:65)
  • 高校:芦屋南高等学校 国際文化科(偏差値:58)
  • 中学校:西宮市立今津中学校
  • 小学校:西宮市立津門小学校

鈴木亮平さんはTBSの日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」に喜多見幸太 役で出演されています。

鈴木亮平さんが日曜劇場で主演を務めるのも、医療ドラマに出演をするのもだそうです。

これからの鈴木亮平さんの活躍に期待しております!みんなで応援していきましょう!