女優

杉咲花の学歴と偏差値まとめ!堀越高校出身!当時のエピソードまとめ

杉咲花学歴

杉咲花の学歴や通っていた学校の情報やエピソード、偏差値に関する情報を調べてまとめました。

杉咲花のプロフィール

  • 身長:153cm
  • 体重:不明
  • 出身:東京都
  • 血液型:B型
  • 最終学歴:堀越高校 トレイトコース
  • 未婚。両親とも芸能人で、父は『レベッカ』のギター担当だった。
杉咲花の学歴と偏差値まとめ
  • 大学:進学していない
  • 高校:堀越高校 トレイトコース(偏差値:38)
  • 中学校:渋谷区立上原中学校
  • 小学校:不明
杉咲花の代表作
  • 映画「思い出のマーニー」 彩香役
  • 連続テレビ小説「おちょやん」 主演・竹井千代役
  • 映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」  主演・川奈つぐみ役

杉咲花は大学進学してない!その理由は?

高校卒業後は大学に進学せず、女優業に専念しています。

杉咲花さんはとにかくお芝居が好きなので、
大学進学よりも女優として演技をしたい気持ちが強かったのだと思います。

高校3年生のときにインタビューでこのように答えています。

「今の私は、お芝居をするのが一番楽しいし、撮影現場で頑張ることが自分らしさにつながると思っています」
引用:https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/217

みいこ
みいこ
本当に女優になるために生まれてきたような方ですね。女優は杉咲花さんにとっての天職だと思います。

高校卒業前から開始した朝ドラ「とと姉ちゃん」の撮影で多忙だったことも、進学しなかった理由の1つかもしれません。

杉咲花の高校卒業後のエピソード

高校卒業後の2016年以降は、主役やヒロイン役でのドラマ・映画出演が増加
日本アカデミー賞をはじめとする多くの賞を受賞するなど、華々しい活躍をしています。

2016年6月、朝ドラ「とと姉ちゃん」に主人公の妹役で出演し、知名度が一気にアップ

2016年に出演した「湯を沸かすほどの熱い愛」では銭湯を営む一家の娘役を演じ、
日本アカデミー賞最優秀助演女優賞新人俳優賞を受賞。

みいこ
みいこ
この作品で杉咲さんの母役だった宮沢りえさんは最優秀主演女優賞を受賞。当時は“親子”受賞と大きな話題になりました。

2017年、映画「無限の住人」ではヒロイン・浅野凜、町の2役で出演。

共演した木村拓哉さんは杉咲花さんの演技を絶賛

「杉咲さんがそのポジションに立ってくれた、担ってくれたということがすべて。他の人では考えられないですね、想像もできない。杉咲花っていう女優さんがストーリーにもたらしてくれた色はとても大きかったと思います。」
引用:https://mdpr.jp/interview/detail/1682712

あかね
あかね
あの木村さんに「他の人では考えられない」と言わしめる杉咲花さんは本当にすごいとしか言えません。

同年7月「メアリと魔女の花」では主人公メアリの声優を務めた。

「借りぐらしのアリエッティ」、「思い出のマーニー」で知られる米林監督が、ジブリ退社後に初めて手がけた長編作ということもあり、話題の作品でした。

みいこ
みいこ
映画「無限の住人」「メアリと魔女の花」、ドラマ「ほんとにあった怖い話」などでの演技が評価され、「2018年エランドール賞 新人賞」を受賞しています。

2018年4月「花のち晴れ~花男 Next Season~」で連ドラ初主演

あかね
あかね
同世代の共演者が多い現場はとても楽しく、いい刺激になったようです。転機になった「花晴れ」についてインタビューで以下のように話しています。

「コミュニケーションを取るのが苦手だと思っていたときに、『花晴れ』の出演が決まりました。同じ世代の共演者の皆さんと関わる環境になりました。でも、その環境をいただけたからこそ、みんなと仲良くなれて、すごく、すごく現場が楽しかったです。それからは自分自身も明るくなったと思いますし、友達も増えて本当によかったです」。
引用:https://www.cinemacafe.net/article/2019/10/15/63960.html

2018年10月には「パーフェクトワールド 君といる奇跡」で初めて映画で主演を務めました。

ちなみにこの作品の主題歌を担当したのがE-girls。
メンバーの坂東希さんは杉咲花さんの高校の同級生でした。

2018年の大晦日に放送された「ガキ使」では、
なんとゆりやんレトリィバァさんのネタを完コピ

「杉咲花さんの発音がいい」とちょっとした話題になりました。

2018年には1st 写真集「ユートピア」も発売。

同年、初のレギュラーラジオ「杉咲花のFlower TOKYO」も放送開始。
杉咲花さんはラジオパーソナリティデビューについて、このようにコメントしています。

「なんと、だいすきなラジオの冠番組を持たせていただくことになりました! 嬉しくて嬉しくて、にんまり顔が止まりません。これからの日曜日が、みなさんにとっての素敵な休日となるように頑張りますので、是非聴いてくださいね。毎週日曜朝9時からは、『杉咲花のFlower TOKYO』! 嬉しいなぁ」
引用:https://realsound.jp/movie/2018/09/post-254554.html

みいこ
みいこ
「嬉しい!」という気持ちがダイレクトに伝わってきます。本当にラジオの仕事がしたかったんですね。癒し系の杉咲花さんの声を聴いたら、月曜日から頑張れそうな気がします^^

2019年「いだてん」で大河ドラマに初出演
2020年には、連続テレビ小説「おちょやん」主役に起用されました。

https://twitter.com/IdatenInfoSta/status/1393057634899554307

高校卒業後は女優としての仕事に専念し、見事に目覚ましい活躍をされています。

ちなみにプライベートについては、このように話していました。

本来の私は出不精なので、オフの日はあまり外出しないのですが、映画を観に行くのと、服を買いに行くこと、それと大好きな “かき氷” を食べにいくためには外出します(笑)。
引用:https://www.tokyo-np.co.jp/article/35358

杉咲花の学歴は堀越高校(東京都)偏差値38

杉咲花が通っていた高校は、東京都にある堀越高校のトレイトコースです。

住所:〒164-0011 東京都中野区中央2-56-2

偏差値は38で、レベルは容易とされています。
しかし、実際には書類審査で合否が決まるため、実質的には偏差値はないそうです。

堀越高校と同じ偏差値の学校

  • 六郷工科高等学校
  • 科学技術学園高等学校
  • 赤羽商業高等学校

全日制課程への通学が難しい芸能人に対応した「トレイトコース」
スポーツ選手に対応した「体育コース」が設置されている。

校訓は「太陽の如く生きよう」。
生徒が個性を活かして成長できる学園であることを表現しています。

杉咲花と同じ堀越高校の卒業生
名前 職業 進学先
神木隆之介 俳優 トレイトコース
志田未来 女優 トレイトコース
川口春奈 女優 トレイトコース
北山宏光(Kis-My-Ft2) アイドル 体育コース
水樹奈々 声優、歌手 芸能活動コース(現・トレイトコース)
あかね
あかね
杉咲花さんの同級生には、モデルの山本舞香さん、E-girlsの坂東希さん、Snow Manの森本慎太郎さんがいたそうですよ。

杉咲花の高校時代のエピソード

https://twitter.com/HR_official/status/612909229066747904

中学校から芸能活動をしていたため、より幅広く活動するために堀越高校に入学。

杉咲花さんはもともとは前へ出るタイプだったそうですが、
高校では周りに積極的な子が多く、控え目なタイプになったそうです。

みいこ
みいこ
芸能活動のためのコースなので、積極的な生徒は普通科高校よりも多そうですね。

高校に入ってから、男子と話せなくなったというエピソードも。

私は高校生になってすぐ、異性と話すのが恥ずかしくなって……。ある日、私が落とした消しゴムを隣の席の男子がひろってくれたのに、「ありがとう」が言えずに会釈だけしたのが、今思えば〝青かったな"と思います。
引用:https://st-channel.jp/news/11617?expand=1

高校で急に友達の作り方が分からなくなり、上手く馴染めなかったとも話していました。

「私は学校にあまりなじめなかったです。学生の時は、学校が世界のすべてというか、そこでの関係性が上手くいかなかったら終わり、みたいな感じがあって。私はそれがすごく苦手だったので、高校では1人でいることのほうが多かったです。」
引用:https://moviewalker.jp/news/article/1006142/p3

あかね
あかね
杉咲花さんの高校時代は仕事が忙しく、出席日数も少なかったのかなと思います。学校に行っていないと、クラスに馴染むのも難しいですよね。

卒業までの2週間はうまく気持ちを切り替え、一番楽しく過ごせたそうです。

女優としての活動は、高校時代に映画・ドラマなど合計20本以上の作品に出演

2013年、高校1年生で出演したドラマ「夜行観覧車」の演技で注目を集めました。

同年、短編映画「マダム・マーマレードの異常な謎」で、同級生の山本舞香さんと共演

みいこ
みいこ
山本舞香さんとは当時から仲良し。現在も親友の仲だそうです。それにしても、杉咲花さんが「チンパンジー」のあだ名で呼ばれていたのは驚きです。

2014年、「緊急取調室」「MOZU」などの話題作に主要キャストとして出演。

同年7月には、映画「思い出のマーニー」に声優として起用されました。

日経トレンディ主催の「2015年の顔」にも選出されています。

2015年、映画「繕い裁つ人」では等身大の高校生役を演じました。
同年出演した「トイレのピエタ」「愛を積むひと」の演技で、各映画祭の新人賞も受賞。

「トイレのピエタ」のオーディション期間はなんと1年。
その間、松永監督に罵られたことをインタビューなどで明かしています。

あかね
あかね
ちなみにオーディションは5回あったそうですが、1回目から監督に泣かされたそう。それでも、「対等に向き合って信じてくれている」と感じていたため、役が決まった時はとても嬉しかったようです。

他に「学校のカイダン」にもレギュラー出演をしています。
同じく高校3年のときに朝ドラ「とと姉ちゃん」への出演も決定。

高校3年の1年間だけでも、10本以上の映画・ドラマに出演
ドラマ以外にも、CMやPV出演などもあり、非常に多忙だったと思います。

みいこ
みいこ
学校に行く暇がないくらい、多くの仕事をされていますね。杉咲花さんの同級生で”卒業式予行練習”の一回しか会ったことがないという驚きのエピソードもありました。

https://twitter.com/__hs87__/status/1190403618261700608

杉咲花の学歴は渋谷区立上原中学校(東京都)

杉咲花が通っていた中学校は、東京都にある渋谷区立上原中学校です。

住所:〒151-0064 東京都渋谷区上原3丁目41-2

上原三丁目の住宅地に所在している学校。
代々木上原駅と東北沢駅の中間にあり、都心でも緑の多い環境の中にある。

学校の一番の特色は、「教科教室型システム」
全ての教科に教科専用の教室があり、生徒が時間割によって移動していく。

杉咲花と同じ渋谷区立上原中学校の卒業生
名前 職業
伍代夏子 演歌歌手
田野優花 アイドル(元AKB48)

 

杉咲花の中学時代のエピソード

中学校時代は部活はしていませんでした。
生徒会の活動に参加し、学級委員も務めていました。

あかね
あかね
明るく、積極的な生徒だった杉咲花さんは、まさに模範的な生徒だったでしょう。

中学校から改めて女優を目指すことを決意
その理由についてはこのように話しています。

「子供の頃からドラマがすごく好きで、たくさん見てきたのですが、大好きなドラマの多くに志田未来さんが出演されていて、志田さんへの憧れがきっかけです。それで、自分も演技をやりたいという気持ちが強くなり、志田さんと同じ事務所のオーディションを受けました。」
https://www.wwdjapan.com/articles/413029

2011年、14歳でオーディションに合格し、現在の事務所・研音に所属。
この事務所に決めたのも、憧れの志田未来さんが所属しているから。

みいこ
みいこ
本当に志田さんが大好きなんですね。同じ事務所に所属できたことは、幸せだったに違いありません。そんな憧れの志田さんとは、2019年に杉咲花さんが主演を務めた「ハケン占い師アタル」で共演をしています。

子役時代は本名で活動していましたが、活動再開後は芸名を「杉咲花」に改名しています。

「杉咲花」という芸名は気に入っているそうですが、
「杉に咲く花で花粉症だね」と言われることも多く、自身も花粉症なんだそうです。

2011年8月、ドラマ「ドン☆キホーテ」で女優として再デビュー。

その後はコンスタントにドラマに出演し、「桜蘭高校ホスト部」「妖怪人間ベム」「13歳のハローワーク」などの話題作にも端役で出演。

また現在も出演している「味の素 Cook Do」のCMも、この頃に起用されています。

あかね
あかね
美味しそうに回鍋肉をほおばる姿が印象的なCMでしたね。当時は「回鍋肉を食べる美少女」と話題にもなりました。

杉咲花の通っていた小学校は不明

杉咲花が通っていた小学校について、信憑性のある情報はありませんでした。

しかし、中学校の校区から、以下のどちらかの小学校ではないかと言われています。

  • 渋谷区立上原小学校
  • 渋谷区立西原小学校

それぞれの小学校について簡単に紹介します。

住所:〒151-0064 東京都渋谷区上原3丁目13-20

渋谷区立上原小学校は、上原三丁目の住宅地にある公立小学校。

学校の特色の1つは、「夢100!ノート」。
小さなものから、大きなものまで夢100個を目標に書いていく。

夢を実現するための時間をとるなど、夢を叶える後押しをしている。

住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2丁目22-1

渋谷区立西原小学校は、西原二丁目にある公立小学校。
教育目標は「実行する子ども」、「思いやりのある子ども」、「健康な子ども」。

平成29年から一人に1台タブレットパソコンを貸与、ICT活用教育を進めてきた。
令和2年1月には「ICT活用フォーラム先進校」として公開授業を行っている。

杉咲花の小学校時代、幼少期のエピソード

杉咲花さんの両親は芸能人。

母は歌手のチエ・カジウラさん。
テレビアニメ「マクロス7」でヒロイン・ミレーヌの歌を歌っています。

父親はギタリストの木暮武彦さん。元レベッカのメンバーです。

3歳のころに両親が離婚したため、お父さんと過ごした記憶はほとんどないそうです。

2018年4月放送の「A-studio」では、

「1人っ子で母子家庭なんですよ。小さい頃からずっと母と2人なんですけど、すごい自由に色んな事をやらせてくれました。母が私の幼稚園の時の学芸会の演技を見て、事務所に入れたいと思ったらしくて」
引用:https://bunshun.jp/articles/-/43017?page=2

と話していたので、父親との交流はあまりないのかもしれません。

子供のころから、クラシックバレエ、習字、乗馬を習っていました。
他にもドラムやスケボーなどにハマっていた時期もあったとか。

あかね
あかね
乗馬は一番長く続けていたそう。オフィシャルサイトのプロフィールでも特技の欄には「乗馬」と記載があります。
杉咲花さんはおっとりしている印象でしたが、意外にもアクティブなんですね。

もともと活発な性格で、男子と泥だらけになって遊んだエピソードもあります。

小学生時代はテレビっ子だったそう。
学校から帰宅後はドラマをみて、セリフをマネしていました。

2006年、9歳のときに本名「梶浦花」の名前で活動を開始。
当時はスターダストプロモーション芸能4部所属でした。

子役としての活動はCM出演が中心
ケンタッキーフライドチキン「2006 X’mas」やバンダイ「ふたりはプリキュア」など多くのCMに出演。

2007年、10歳で連続ドラマ「まるまるちびまる子ちゃん」に出演。
くるくるの巻き髪がかわいらしい、城ヶ崎姫子役でした。

KOTOKOさんの「きれいな旋律」を含む、3つの作品でPV出演もしています。

みいこ
みいこ
このPVに出演したのは杉咲花さんが10歳のときです。まだ少女のあどけなさが残っていて可愛らしいですね。

2009年ドラマ「オトメン(乙男)〜夏〜」 への出演を最後に、事務所を退社。

事務所をやめた理由について詳しいことはわかりませんが、
当時小学6年生だったので、中学校生活に集中するためだったのかもしれません。

杉咲花の学歴まとめ

杉咲花の学歴と偏差値まとめ
  • 大学:進学していない
  • 高校:堀越高校 トレイトコース(偏差値:38)
  • 中学校:渋谷区立上原中学校
  • 小学校:不明

杉咲花さんは、2021年7月公開の「サイダーのように言葉が湧き上がる」でヒロイン・スマイルの声優として起用されています。

https://twitter.com/oricon_anime_/status/1376822359609409539

これからの杉咲花さんの活躍に期待しております!みんなで応援していきましょう!