アナウンサー

水卜麻美の学歴と偏差値は?出身は慶応義塾大学!サークルやバイトは?学生時代のエピソードまとめ

水卜麻美さんの学歴や通っていた大学や高校の情報やエピソード、偏差値に関する情報を調べてまとめました。

水卜麻美のプロフィール

https://www.ntv.co.jp/announcer/profile/a_miura.html
  • 身長:158cm
  • 出身:千葉県市川市
  • 血液型:AB型
  • 最終学歴:慶應義塾大学文学部
  • 未婚
水卜麻美の学歴と偏差値まとめ
  • 大学:慶應義塾大学文学部英米文学専攻(偏差値:65)
  • 高校:渋谷教育学園幕張高校普通科(偏差値:75)
  • 中学校:市川市立市川第二中学校
  • 小学校:市川市立真間小学校
水卜麻美の代表作
  • ZIP! 2代目総合司会
  • 幸せ!ボンビーガール
  • 有吉ゼミ

水卜麻美の学歴は慶應義塾大学(東京都)偏差値65

https://www.keio.ac.jp/ja/about/campus/mita.html

水卜麻美が通っていた大学は、東京都にある慶應義塾大学の文学部です。


偏差値は65で、かなり優秀です。集団のうちの上位7%とされ、クラスの優等生だと言えます。

慶応義塾大学と同じ偏差値の学校

  • 千葉大学文学部
  • 広島大学経済学部
  • 北海道大学教育学部

慶応義塾大学は1858年、福澤諭吉が江戸に開いた蘭学塾が始まりとされています。

創立から150年を超え、現在は小学校から大学・大学院までを擁する、日本で最も長い歴史を持つ総合学塾として多岐にわたる分野で活躍する幾多の人材を輩出しています。

水卜麻美と同じ慶應義塾大学の卒業生
名前 職業 進学先
櫻井翔 タレント 経済学部
岩田絵里奈 アナウンサー 文学部

水卜麻美の大学時代のエピソード

元々私立大学が第一志望だった水卜さんは「東京の大きな大学でかっこいいな」という最初は単純な動機で慶応を選んだと言われていますが、高校時代のバレーボール部の顧問である恩師が慶応の文学部卒だったこともきっかけになったようです。

あかね
あかね
また、子供の頃からのアナウンサーになるという夢を叶えるためにマスコミへの就職が強いとされる慶応への進学を決めました。

大学生活はサークル活動やアルバイト等、充実した日々を送っていたようです。

・入学式ではおばあちゃんに買ってもらったブランドバッグを持ち、メイクや髪型で大学デビューを試みるも、周囲に圧倒されショックを受けた。

・4年間、塾講師のアルバイトをこなし、夏休みや冬休みはアルバイトに費やした。

・大学2年で最も留年が多いとされる英文学をあえて専攻、膨大な課題をこなす傍らで同じ専攻の友人たちと濃い人間関係を築くことができた。

・アナウンサーになるためにミスコンに参加した方が良いとわかっていたものの、4年間誰からも推薦されず、いつの間にか全てが終わっていた。

・大学3年でTBSアナウンサースクールに通い、本格的にアナウンス技術を学んだ。

https://www.tbs.co.jp/anatsu/school/

・就職活動では、アナウンサー採用試験時にダイエットに挑戦し、1ヵ月で7キロの減量に成功するも、フジテレビ、TBS、テレビ朝日の3社で不採用。なかなか自分の長所や特技が思いつかず苦労した。

・最後の思いで受けた日本テレビに見事採用された為、日テレには「拾ってもらった」という思いが強く、会社に対しての恩義が非常に強い。内定の電話がかかってきた時は新橋のカフェで大泣きした。フリーの噂もあるが、このような経緯もあり「全然辞める気はないです」と日テレ退社を否定している。

・後に、採用されたのは面接時に「葛西臨海公園で見たボラの顔マネ」を披露したからだと自負している。

・日テレから内定が出た際、大学内で「(アナウンサーになる人が)文学部にいるらしいけど誰?そんな人いた?」と噂になったが、仲の良い友人以外はほとんど知らなかった。

みいこ
みいこ

様々なエピソードのある大学時代ですが、勉強や就職活動に対する努力の姿勢が本当に素晴らしいですね。

今でもみんなの憧れの存在ですが、やはりこれだけ努力すれば結果が夢の実現に直結することを教えられた気がします。

水卜麻美の学歴は渋谷教育学園幕張高校(千葉県)偏差値75

Googleマップ

水卜麻美が通っていた高校は、千葉県にある渋谷教育学園幕張高校の普通科です。


偏差値は75で、超難関校です。

渋谷教育学園幕張高校と同じ偏差値の学校

  • 早稲田大学高等学院 普通科
  • 慶応義塾高等学校 普通科
  • 久留米大学付設高等学校 普通科

渋谷教育学園幕張高校は、千葉県内で最も難関校とされる私立共学の高校です。

偏差値は全国11位とも言われており、毎年東大や京大に進学する生徒を多数輩出しています。

基本的には中高一貫校ですが、水卜さんのように一般受験で高校に入学する人もいます。

自らの手で調べ、自らの頭で考えるという”調と考”が建学の精神となる「自調自考」を教育目標としています。

水卜麻美と同じ渋谷教育学園幕張高校の卒業生
名前 職業 進学先
田中圭 俳優 高卒
皆藤愛子 アナウンサー 早稲田大学

水卜麻美の高校時代のエピソード

高校に入学した水卜さんは高校デビューを果たします!

スカートの丈を短くしたり、初めての彼氏が出来たり、順風満帆な高校時代を過ごします。

彼氏とは学校近くの幕張の海を散歩したり、プリクラを撮ったり、女子高生を満喫していたそうです!

バレーボール部ではセッターで、チームは予選敗退の実力でしたが弱いなりにみんなで1勝できるように工夫して練習メニューを考えていたようです。

実は人見知りでクラスの友人と打ち解けるのに時間がかかる性格だそうですが、一度打ち解けるといつの間にかいじられキャラになっており、卒業アルバムでは「変顔のすごい人」「おやじギャグを言う人」「宇宙人と友達になりそうな人」の3部門で1位を獲得したそうです!笑

そんなキャラだったからか、アナウンサーになりたいということは恥ずかしくて周りの友人には言えず、進路相談でも担任に笑われたというエピソードも。

大学受験の為の予備校は早稲田塾自由が丘校(第30期生)に通っていました。

水卜麻美の学歴は市川市立市川第二中学校(千葉県)

Googleマップ

水卜麻美が通っていた中学校は、千葉県にある市川第二中学校です。

JR市川駅、京成市川真間駅の北、須和田の丘の高台に位置し、緑豊かな素晴らしい環境に恵まれ、校庭の大きな楠、大谷石造りのスタンドなど、歴史と伝統を感じさせる大変落ち着いた歴史のある学校です。

水卜麻美の中学時代のエピソード

中学校ではバレーボール部に所属していました。

バレーボール部の部長や学級委員長、生徒会長をしていたというエピソードがあり、積極的に前に立つ役の多かった優等生と言えるでしょう。

バレーボール以外に水泳もしており、長年スポーツをしていた水卜さんは運動神経も良いようです。

中学校の頃から文武両道な生徒だったんですね。

水卜麻美の学歴は真間小学校(千葉県)

Googleマップ

水卜麻美が通っていた小学校は、千葉県にある真間小学校です。

真間小学校は、市川市の西部(東京至近)の住宅街にあり、真間山弘法寺や手児奈霊堂などがあり、万葉の時代から歴史と文化の豊かな地域です。

地域の80%が静かな住宅地で、近くには公私立小・中・特別支援学校・高校や大学もあり、また、駅前通りや旧道(大門通り)には商店街もあるといった、穏やかで落ち着いた環境にあります。

水卜麻美の小学校時代、幼少期のエピソード

小学生の水卜さんは父の影響でビートルズの大ファンでした。

夜はテレビを見せてもらえず、楽しみは毎朝のめざましテレビだったそうです。

めざましテレビに出演する小島奈津子さんを見てアナウンサーに憧れるように。

就活時代の第一希望の就職先もフジテレビでした。

学校では放送委員を担当し、卒業アルバムの将来の夢もアナウンサーと書いています。

あかね
あかね
この頃からアナウンサーになる夢を抱き続けていたんですね。

 

現在では、アナウンサーになったことに「一点の後悔もないし、もし生まれ変わっても違うことをしたいとも思いません」と発言するくらい水卜さんにとってアナウンサーは天職だと言えるでしょう。

卒業式では在校生代表で送辞を読んだこともあります。

水卜麻美の学歴まとめ

水卜麻美の学歴と偏差値まとめ
  • 大学:慶應義塾大学文学部(偏差値:65)
  • 高校:渋谷教育学園幕張高校普通科(偏差値:75)
  • 中学校:市川市立市川第二中学校
  • 小学校:市川市立真間小学校

水卜麻美さんは「水卜ちゃん」の愛称でお茶の間から愛される女子アナとして、日々活躍されておられます。

これからの水卜麻美さんの活躍に期待しております!みんなで応援していきましょう!