俳優

眞栄田郷敦の学歴と偏差値まとめ!出身は明誠学院高校!学生時代のエピソードまとめ

眞栄田郷敦 学歴

眞栄田郷敦の学歴や通っていた大学や高校の情報やエピソード、偏差値に関する情報を調べてまとめました。

眞栄田郷敦のプロフィール

  • 生年月日:2000年1月9日
  • 身長:183cm
  • 出身:アメリカ・ロサンゼルス
  • 血液型:B型
  • 最終学歴:高卒
  • 父は俳優の千葉真一、兄は俳優の新田真剣佑。女優の真瀬樹里は異母姉。
眞栄田郷敦の学歴と偏差値まとめ
  • 大学:進学していない
  • 高校:明誠学院高校 特別芸術コース(偏差値:51)
  • 中学校:京都市立修学院中学校
  • 小学校:不明
眞栄田郷敦の代表作
  • ドラマ「ノーサイド・ゲーム」七尾圭太 役
  • ドラマ「プロミス・シンデレラ」片岡壱成 役
  • 映画「小さな恋のうた」譜久村慎司 役

眞栄田郷敦は大学進学してない!その理由は?

眞栄田郷敦さんは大学受験に失敗し、大学進学はしていません。

当時はプロのサックス奏者を目指し、東京藝術大学への進学を希望していました。
しかし希望する大学には受からず、他大学にも進学しませんでした。

吹奏楽部で部長を務めながら大学受験のために頑張っていたんだけど受験に落ちちゃった。その当時は結構強気だったから、もう一回受ける気はなくて。とんがっていたんですよ…はい。
引用:https://ananweb.jp/news/350341/

みいこ
みいこ
東京芸術大学音楽学部のレベルは偏差値58のやや難関。さらに入試はセンター試験だけでなく、実技試験もあるため、合格するのはかなり難しいそうです。大学受験を振り返って、眞栄田さんは『そのときの挫折感はものすごく大きかった』と話しています。

眞栄田郷敦の高校卒業後のエピソード

眞栄田郷敦さんは大学受験に失敗しましたが、すぐに転機が訪れます。

上京しようと東京に来たとき、兄・新田真剣佑さんが出演している『ちはやふる-結び-』を見て、俳優の仕事に興味を持ったそうです。

あかね
あかね
映画でみる真剣佑さんは別人のように見え、様々な人物を演じる役者に対して尊敬の気持ちを抱いたそうです。

そしてタイミングよく現在のマネージャーと知り合い、映画への出演を打診され、役者になることを決意します。

「簡単には気持ちの整理がつきませんでしたが、新しい世界に入ると決めてからは、新たな目標ができて自然と役者という仕事にシフトできました。」
引用:https://michill.jp/author/column/81836

父・千葉真一さんは役者の道に進むことをとても喜んでくれたそうです。

父から役者の道を勧められたことは一度もなかったんですが、役者になると言ったらすごく喜んでくれて。兄は「やれば? でも大変だぜ」みたいな反応だったと思います。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/36c09bec309516764cf9d897f4a1c9c00e0d8594

これがキッカケとなり、2018年『TGC 北九州 2018』のステージで華々しく芸能界入りを果たしました。

2019年5月には、前述の出演オファーをされた映画『小さな恋のうた』で銀幕デビュー

劇中では、眞栄田郷敦さん含むメインキャストでバンドを結成。

そして”小さな恋のうたバンド”としてCDデビューも果たしています。

みいこ
みいこ
眞栄田郷敦さんは俳優デビューするにあたり、父・千葉真一さんに演技指導をしてもらっています。撮影現場に千葉さんが来ることもあったんだとか!

同年7月、『ノーサイド・ゲーム』で連続ドラマ初出演

眞栄田郷敦さんは役作りのために3か月で15kgも増量したそうです。
増量で一番苦労したのは食べることだったと話しています。

筋トレ自体ももちろんきついんですけど、辛いとまでは思わなくて、やっぱり食べることですかね。お腹いっぱいなのに食べるっていうのがしんどい(笑)。もともと食べることは好きなんですけど、1日6食を3時間ごとに食べていて、食事をする時にまだ前に食べたものがお腹に残っているので……。
引用:https://realsound.jp/movie/2019/09/post-406169.html

以降も『午前0時、キスしに来てよ』『私の家政夫ナギサさん』『教場II』などの注目作に出演し、着実にキャリアを積んでいます。

2021年1月、『星になりたかった君と』でドラマ初主演

眞栄田郷敦さんは初主演作を慎重に選ぼうとしていたことを明かしています。

「初主演作選びは慎重にいこうと思っていたので、相当悩むと思っていたんですが、原作小説がすごく魅力的で。“この作品だ!”と。主演の喜びはもちろんありますが、作品に向かう姿勢は変えず、いつもどおりです」
引用:https://www.jprime.jp/articles/-/19692?display=b

2世俳優としてデビュー当初から注目度が高かったですが、期待以上の活躍を見せている眞栄田郷敦さん。

今後の活躍からも目が離せませんね♪

眞栄田郷敦の学歴は明誠学院高校(岡山県)偏差値51

眞栄田郷敦が通っていた高校は、岡山県にある明誠学院高校の特別芸術コースです。

住所:〒700-0086 岡山市北区津島西坂3丁目5-1

特別芸術コースの偏差値は51で、普通レベルです。

明誠学院高校と同じ偏差値の学校

  • 岡山城東高等学校
  • 岡山学芸館高等学校
  • 山陽女子高等学校

私立では県下最大規模の男女共学高校。

1年次から選択する「特別進学コース」と「特別芸術コース」、2年次から選択する「進学総合コース」、「新情報コース」、「保育・福祉コース」の5つのコースがあります。

特別芸術コースは吹奏楽系、美術・デザイン系、書道系に分かれていますが、共通科目は同じ教室を受けます。

隔年で海外研修が実施され、吹奏楽系と美術・デザイン系はヨーロッパ、書道系は中国で本物に触れて学びます。

眞栄田郷敦の高校時代のエピソード

眞栄田郷敦さんはサックスのプロを目指していたため、専門の勉強ができる明誠学院高校に進学。

高校時代は親元を離れ、寮生活を送っていました。

吹奏楽部に所属し、サックスに没頭。
土日には朝7時から夜8時まで12時間以上も練習し、長時間の練習で唇がボロボロになるほどのめり込んでいたそうです。

そんな高校時代の夏は「目標に向かって努力する期間」だったと語っています。

高校時代は吹奏楽に打ち込んでいたので、夏といったら大会に向けてひたすら練習をしていました。なので夏は"目標に向かって努力する期間"という感じでした。 「花火大会行きたいね〜」って、みんなで言いながら合宿所の窓から遠くの花火を見たこともいい思い出です。
引用:https://ar-mag.jp/articles/-/5832?display=full

高校3年生のときには吹奏楽部の部長を務め、『全日本吹奏楽コンクール』で全国大会への出場を果たしています。

みいこ
みいこ
眞栄田郷敦さんのイケメンぶりは大会に出場した他校の生徒の間で話題になったそうです。これだけカッコよかったら、話題にもなりますよね♡

モテモテだった高校時代ですが、中学校から高校まで同じ人にずっと恋をしていたと明かしています。

中学生から高校生の間は、ずっとひとりの方に恋をしていました。
引用:https://ananweb.jp/column/ikemendorama/262151/

眞栄田郷敦さんの学生時代の得意教科は体育
成績は良かったそうで、『テストだけはいい点とってた気がする』と話しています。

高校の卒業式前日に骨折をしたという驚きのエピソードも。

高校は前日に骨折しました(笑)。卒業式前日のリハーサルに行く途中で骨折して、それはそのまま出たんですけど、折れてるって知らなくて。そのあとめっちゃくちゃ腫れました(笑)。もともと受験で卒業式は出れない予定だったので、高校の式は出てないんですけどね。まあ、人生初めての骨折でした。右のくるぶしを剥離骨折。
引用:https://www.nylon.jp/GORDON

あかね
あかね
ちなみに骨折の原因は『恥ずかしいので』と明かしていません。何をしたんでしょうね?ちょっと気になります笑

高校時代には両親が離婚し、眞栄田郷敦さんの親権は母親、新田真剣佑さんの親権は父親が得ています。

眞栄田郷敦の学歴は修学院中学校(京都府)

京都市立修学院中学校引用:Googleマップ

眞栄田郷敦が通っていた中学校は、京都府にある京都市立修学院中学校です。

住所:〒606-8162 京都府京都市左京区一乗寺御祭田町2

京都市左京区にある公立中学校。

部活動が盛んで、吹奏楽部は吹奏楽コンクールやマーチングコンクールで関西大会に出場するなど活躍しています。

ここにボックスタイトルを入力
名前 職業
徳井義実(チュートリアル) お笑い芸人
福田充徳(チュートリアル) お笑い芸人
上松瑛 サッカー選手
金沢亮 元サッカー選手
井口剛志 ラグビー選手

眞栄田郷敦の中学時代のエピソード

眞栄田郷敦さんはアメリカで生活をしていましたが、中学入学のタイミングで母親と母親の実家がある京都に移り住んでいます。

部活は中学時代も吹奏楽部に所属していました。
吹奏楽部に入った理由について、このように話しています。

アメリカにいる時にバンド演奏の授業があって、そこで2年間ぐらいサックスをかじったんですね。だから日本の中学に“部活”というのがあると聞き、それならサックスを続けてみようということで吹奏楽部に入部して。
引用:https://ananweb.jp/news/350341/

いとこが吹奏楽部の部長を務めていたことも、入部の後押しになったそうです。

京都に母親の実家があるんですけど、中学生の時にいとこが、京都の吹奏楽の部長をしていたんです。ちょうどサックスもかじってたので入ろうかなと思って。そこで恩師に出会い、クラシックの道を開いてもらいました。人生を変えてもらった先生で、その人と出会ったから今の僕がいるんだと。
引用:https://www.nylon.jp/GORDON

最初はテナーサックスを担当していましたが、バリトンサックスに変更。
さらに中学2年生の時にプロを目指すことを決心し、アルトサックスにしています。

この頃には東京芸術大学への進学を希望していました。

みいこ
みいこ
中学校時代から大学進学を意識していたんですね!何事も目標を持って、コツコツ努力する姿勢はステキです。

吹奏楽部だったこともあり、眞栄田郷敦さんの好きな映画は『セッション』だそう。

僕、中学・高校と吹奏楽部だったんですよ。サックスを吹いていて。その頃に『セッション』を観て、熱くなって、頑張ろうと思えた作品。努力することの大切さを学び、それがいまに繋がっているかもしれません。
引用:https://www.gqjapan.jp/fashion/article/20210626-gordon-maeda

また中学校時代は祇園祭に行き、屋台で買い食いするのが楽しみだったそうです。

中学時代は京都で過ごしたので、祇園祭を見に行くこともありました。もちろん気合の入った浴衣なんかじゃなく、友達とTシャツで集まって屋台で買い食いするのが楽しみでした。
引用:https://ar-mag.jp/articles/-/5832?display=full

眞栄田郷敦の通っていた小学校は不明

眞栄田郷敦が通っていた小学校は不明です。

眞栄田郷敦さんは当時ロサンゼルスに住んでいたため、ロサンゼルスの公立小学校である可能性が高いです。

しかし、具体的な校名などは明らかになっていません。

眞栄田郷敦の小学校時代、幼少期のエピソード

眞栄田郷敦さんはアメリカ・カリフォルニア州サンタモニカで幼少期を過ごし、後にハリウッドに移住しています。

家族構成は両親、兄の4人家族。高校時代に両親は離婚しています。

父は俳優の千葉真一さん、兄は俳優の新田真剣佑さん。
異母姉に女優の真瀬樹里さん(母は女優の野際陽子さん)がいます。

ちなみに「郷敦」という名前は本名です。
名前の由来は父・千葉真一さんが使っていたペンネームだそう。

「海外で(父が)脚本書く時に使ってた(ペンネームの)GORDONをすごく好きだったみたいで」
引用:https://www.daily.co.jp/gossip/2019/11/18/0012888936.shtml

みいこ
みいこ
名前はとても気に入っているようで、中学校のテストでは「前田ゴードン」と書いていたそうです。ただ名前がインパクトがある分、『名字が「まえだ」っていうのがちょっと恥ずかしい』とも話しています。

芸名は名字「前田」の漢字を「眞栄田」に変えていますが、その理由はこのように話しています。

「元々あまり芸名を使いたくないと思っていたんです。父が付けてくれた“郷敦”を気に入っていて。海外でも通用しますし、変える必要はないかなと。ただ父と兄の名前に入っている“真”は使いたかった。だから“眞”という漢字を入れさせていただいたんです」
引用:https://eiga.com/news/20190326/14/

あかね
あかね
こんなに名前を気に入ってくれていたら、父親の千葉真一さんも嬉しいでしょうね!ちなみに眞栄田郷敦さんが子供に名前をつけるなら、『優人』など日本らしい名前を付けたいそうです。

子供の頃は冬にはカナダでスキーをしたり、夏にはLAのビーチで遊んだりと華やかな生活を送っています。

幼少期から運動神経がよく、5歳の頃から空手を開始。
最初は父親に勧められて始めましたが、空手にハマって毎日のように道場に通っていたそうです。

その結果、10歳の時に空手大会で全米2位に輝いています。

小学校時代は空手に打ち込みながらも、バスケやスケボーをやったりもしたそうです。

眞栄田郷敦さんは子供時代を振り返り、『ずっと兄の真似をしてる子』だったと話しています。

ずっと兄の真似をしてる子でした。お兄ちゃんが言ったこと、やりたいこと、お店で頼んだものまで全部。お兄ちゃんにすごい憧れがあったんだと思います。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/36c09bec309516764cf9d897f4a1c9c00e0d8594

みいこ
みいこ
ケンカもよくしたそうですが、お兄さんのことが大好きだったのがよくわかります♪子供の頃から兄・新田真剣佑さんの背中を追いかけていたんですね!

中学入学で京都に移住するまではビバリーヒルズ暮らし。
プールや映画館があるようなセレブな家に住む友人たちと過ごしていました。

以上が眞栄田郷敦さんの学生時代のエピソードまとめです。

眞栄田郷敦さんは現在公開中の映画『東京リベンジャーズ』『ヒノマルソウル』でさらに活躍されています。

https://twitter.com/oricon/status/1412753262919360512

今後の活躍にも注目したいですね!