女優

川口春奈の学歴と偏差値まとめ!出身は堀越高校!学生時代のエピソードまとめ

川口春奈の学歴や通っていた大学や高校の情報やエピソード、偏差値に関する情報を調べてまとめました。

川口春奈のプロフィール

https://www.ken-on.co.jp/haruna/
  • 身長:166cm
  • 出身:長崎県五島市
  • 血液型:O型
  • 最終学歴:堀越高校卒業
川口春奈の学歴と偏差値まとめ
  • 大学:進学せず。高卒。
  • 高校:堀越高校トレイトコース(偏差値:37)
  • 中学校:福江市立(現五島市立)福江中学校から世田谷区立駒留中学校へ転校
  • 小学校:福江市立(現五島市立)福江小学校
川口春奈の代表作
  • ドラマ「東京DOGS」高倉カリン役 ※デビュー作
  • ドラマ「桜蘭高校ホスト部」藤岡ハルヒ役
  • 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶(濃姫)役
  • ドラマ「着飾る恋には理由があって」真柴くるみ役
  • CM 三井不動産「三井のリハウス」
  • CM   大塚製薬「ポカリスエット」

川口春奈が大学進学しなかった理由は?

既に芸能活動を本格化していた川口さんは、高校卒業後は進学せずに女優業に専念します。

これからは社会人として
世の中の役にほんの少しでも立てるよう、ほんの少しでも貢献できるよう、
頑張っていきます!

引用:川口春奈オフィシャルブログ

進学することも考えたそうですが、進学後の4年間(2013年4月~2018年3月)に出演したドラマはなんと15作品!映画は7作品!

大学と仕事の両立は難しかったかもしれません。

進学先として玉川大学も候補にあったようです。

川口春奈の学歴は堀越高校(東京都)偏差値37

Googleマップ

川口春奈が通っていた高校は、東京都にある堀越高校のトレイトコースです。

住所:〒164-0011 東京都中野区中央2丁目56−2

偏差値は37で、入学は容易です。

堀越高校と同じ有名人によく選ばれる学校

  • クラーク記念国際高等学校
  • 目黒日本大学高等学校(旧日出高等学校)
  • 立志舎高等学校

堀越高校は全日制課程への通学が困難な芸能人やスポーツ選手に対応した「トレイトコース(旧・芸能活動コース)」「体育コース」を設置し、多くの著名な卒業生を輩出しています。

校則が厳しいことでも有名です。

川口春奈の同級生
  • 須賀健太
  • 清水富美加
  • 岡本杏理

川口春奈の高校時代のエピソード

高校入学時は既に本格的に芸能活動をはじめていた川口さんはとても多忙な高校生活を送ることになります。

高校時代に出演したドラマは12作品、映画は4作品です。

https://twitter.com/f6yhSpp41TYD7L1/status/1252122827966185473

多忙すぎて、文化祭や体育祭はもちろん、修学旅行など様々な学校行事に参加できませんでした。

しかし友人との時間は大事にしていたようで、カフェ巡りにハマっていたそうです。

週に3~4回のペースで、カフェに通っていたらしいのですが、「それでも、全然飽きないし、いつも、もうこんな時間と思うくらい、時間が経つのが早いんです」 と、後に話していました。女子会ってそんなもんですよね!

充実したプライベートを送りながら高校時代は女優として大きく飛躍した時期となります。

  • 高校1年生

・BSドラマ「初恋クロニクル」でドラマ初主演

  • 高校2年生

・ドラマ「桜蘭高校ホスト部」で連続ドラマ初主演

全国高校サッカー選手権大会7代目マネージャーに就任

若手女優の登竜門として知られているだけあって、現在活躍中の方ばかりですね!

  • 高校3年生

・映画「POV~狙われたフィルム」で映画初主演

このような多忙な高校生活だったにも関わらず、なんとか3年で高校を無事に卒業します。

みいこ
みいこ
公式ブログで「奇跡の卒業」と語るくらい卒業する為に苦労したようです。

高校時代に青春を経験できなかった為、作品を通して学生生活を感じたり経験したりしていたそうです。

川口春奈の学歴は福江市立(現五島市立)福江中学校(長崎県)

Googleマップ

川口春奈が通っていた中学校は、長崎県にある福江市立(現五島市立)福江中学校です。

住所:〒853-0052 長崎県五島市松山町7

福江中学校は、長崎県五島市にある公立中学校です。

長崎市より更に西へ約100kmの海上に浮かぶ島々を五島列島といい、この五島列島の最も南に位置する「福江島」を中心とする島々が、五島市です。

統合を繰り返し、現在では生徒数が五島市で最大となっています。

川口春奈と同じ福江中学の卒業生
名前 職業 進学先
坪口道和 卓球選手 青森山田高校
高嶋仁 アマチュア野球選手・指導者 長崎海星高校

川口春奈の中学時代のエピソード

中学時代も島では美少女として有名だった川口さん。

芸能界入りのきっかけは親友が雑誌「二コラ」のオーディションに応募したことでした。

「小6の終わりごろに、友達がオーディション用紙に勝手に書いて出したんです(笑)。そのころの私は『ニコラ』って雑誌も知らなかったし、テレビは観ていたけど、芸能界に全然興味がなかったんです。将来は保育士になりたいと思っていたし。だから受かったときはすごく悩みました。でも最終的には“行くっきゃない”って思って頑張りました(笑)」

引用:Deview

2007年に開催された「ニコラ第11回オーディション」でグランプリを受賞します。

その後、川口さんは、事務所の子供部門の「けんおん」に所属し、芸能活動を開始、「ニコラ」で、モデルデビューしています。

みいこ
みいこ
nicolaモデルの同期に能年玲奈ちゃんがいるのね~♪

参考

2021年4月期のドラマ「着飾る恋には理由があって」で共演した横浜流星さんも実は元二コラモデル!

このドラマの主演の川口さんと相手役の横浜さんは元二コラモデルという共通点があったのでした♪

当時、芸能活動をするには東京まで行かなければならず、行きは飛行機でしたが、節約の為、帰りは福岡まで飛行機で博多港から9時間半かけてフェリーで帰っていたそうです。

「田舎なので飛行機の本数が少なくて。福岡の博多(港)から、深夜出る船便で9時間半かけて五島に帰ってきてたんです」

引用:https://www.j-cast.com/2020/02/17379811.html

 

http://www.nomo.co.jp/taiko/timetable.html#sec01

おそらくこのルートのフェリーだと思われますが、フェリーだけで7.5時間。

船酔いすることもあり、ハードな生活をこなしていたようですが、この時の経験が今の自分に生かされていると語っています。

仕事が忙しく、学校を休むこともあった川口さんですが、中学校ではバトミントン部に所属していました。

しかし強豪校で人気のある部活だったこともあり、ほとんど部活に参加できない川口さんは控えの選手だったそうです。

仕事との両立が忙しく、修学旅行にも一緒に行けなかったそうです。

みいこ
みいこ
テスト前日は寝る暇もなく、ファミレスで先生に勉強を教えてもらったこともあるそうです。

中学校3年生になる頃、三井のリハウスの第13代目リハウスガールに抜擢されます。

リハウスガールとは

「三井のリハウス」のCMは思春期の娘がいる父母向けのCMであり、娘が成長したため住み替える、という設定である。

中学生や女子高生役が多く、1987年に宮沢りえが初代リハウスガール「白鳥麗子」役で有名となり、以降多くの著名女優を輩出している。

過去にリハウスガールを務めた女優に蒼井優や夏帆らがいる。

新人あるいは売り出し中のタレントを起用する傾向があり、CM撮影には映画監督としても活躍している市川準らを起用するなど、こだわりをもって制作されているのが特徴である。

その後すぐに大塚製薬のポカリスエットのCMに起用されます。

島で生まれ育った川口さんはやはり奇麗な海と青い空がよく似合いますね!

こちらのCMも大人気の俳優さんたちが過去に出演をしています。

玉木宏さん、中村俊輔さん、加藤夏希さん、綾瀬はるかさんらが有名です。

これらCMでも注目を浴び、さらに多忙になった川口さんは中学卒業まで残り半年となった中学3年の夏休みに拠点を東京へ移し、世田谷区立駒留中学校へ転校します。

Googleマップ

住所:〒154-0002 東京都世田谷区下馬4丁目18−1

ずっと一緒に過ごしてきた友人と一緒に卒業式に出席できなくなった川口さんの為に、転校前に同級生たちが特別な卒業式を開いてくれたそうです。

小さな島でみんな一緒に育ったことと、普段の川口さんも人柄も影響しているのでしょうね♪

あかね
あかね
当時から地元で美人で有名だったにも関わらず、原西孝幸さんのモノマネをしてあまりにも似ていて面白すぎたことからモテなかったんだとか。笑

素敵な笑顔で送り出してもらったようです!

転校後は、「東京DOGS」でドラマ初出演を果たし、女優への道を歩き始めます。

川口春奈の学歴は福江市立(現五島市立)福江小学校(長崎県)

Googleマップ

川口春奈が通っていた小学校は、長崎県にある福江市立(現五島市立)福江小学校です。

住所:〒853-0003 長崎県五島市錦町1−1

福江小学校は、長崎県五島市にある公立小学校です。

福江島の北東部に位置し、福江港から学校まで車で5分、福江空港からは車で10分程度です。

川口春奈の小学校時代、幼少期のエピソード

川口さんは3姉妹の末っ子として生まれます。

幼いころご両親が離婚、母親に引き取られます。

お母さんは介護施設などで働きながら3人を育てます。

スナックを経営されていた時期もあるそうです!

「こないだお店のビールをアサヒからキリンに替えたの。キリンの営業の方が来られて、“娘さん、『麒麟がくる』への出演、おめでとうございます。そうなるとキリンビールを使ったほうがいいんじゃないですか”なんて言うから」

引用:デイリー新潮

「堀越は親を含めた面談が結構あるのもあって、それまでは東京と五島を行ったり来たりして、1年のうち滞在は半々くらいだったの。春奈が東京に行くまではこっちでケアマネージャーをしていて、行ったり来たりのときも仕事することがあったわ。春奈が高校を卒業してから、私はこっちに戻って介護施設の同僚と2人で店を始め、繁盛したからそれぞれがお店を持ったの。春奈は暇ができると、ちょくちょく五島に帰ってきてくれますよ」

引用:デイリー新潮

お母さんの協力もあって、高校時代もなんとか仕事との両立ができたようですね。

農協職員だった父親は離婚後も良好な関係だったそうですが、川口さんが19歳の頃、事故の為56歳で他界してしまいます。

子供の頃は外で遊ぶのが大好きで、学校から帰ってくると、外でよく鬼ごっこをして遊んでいました。

家に閉じこもるのが苦手で、雨や雪が降ってても外に出て走っていたそうです。笑

木登りや海も好きで、現在でも趣味は釣りだとか。

あかね
あかね
釣りは最高で1日300匹釣ったことがあるんだって!でも昔から生きた魚を触ることができなくて、必ず一緒に行った人に針を外してもらうそう。笑

2人のお姉さんには幼いころから甘やかされて育ったようで、

自称「生粋のわがまま甘えん坊寂しがりやガール」の川口さんと今でも仲が良いみたいですね♪

祖母とも仲が良いそうで、おばあちゃんの大好きな俳優さんとの共演が決まった時は、とても喜んでくれるそうです。

家族に愛されて育った川口さんは、ファンに愛される女優さんに成長しました!

川口さんは、2022年連続テレビ小説「ちむどんどん」への出演が決まっています。

公式InstagramやYouTuberとしての活躍も楽しみです!