女優

深津絵里の学歴と偏差値まとめ!堀越高等学校出身!当時のエピソードまとめ

深津絵里 学歴

深津絵里の学歴や通っていた大学や高校の情報やエピソード、偏差値に関する情報を調べてまとめました。

深津絵里のプロフィール

  • 生年月日:1973年1月11日
  • 身長:156 cm
  • 出身:大分県
  • 血液型:O型
  • 最終学歴:高卒
深津絵里の学歴と偏差値まとめ
  • 大学:進学していない
  • 高校:堀越高等学校 芸能活動コース(偏差値:38)
  • 中学校:港区立赤坂中学校
  • 小学校:不明
深津絵里の代表作
  • ドラマ「踊る大捜査線」恩田すみれ 役
  • ドラマ「西遊記」三蔵法師 役
  • 映画「ステキな金縛り」主演・宝生エミ 役

深津絵里は大学進学してない!その理由は?

深津絵里さんは大学には進学せず、芸能活動に専念しています。

女優として連続ドラマに起用され始めた頃だったため、芸能活動に集中したかったのかもしれません。

深津絵里の高校卒業後のエピソード

1991年以降はドラマや映画への出演が増加しています。

高校卒業した1991年には、3本のドラマと映画『真夏の地球』に出演。

1995年、ドラマ『最高の片想い』では5年ぶりとなる主演を務めました。

1996年には、初主演映画『(ハル)』が公開。

1997年、ドラマ『踊る大捜査線』にレギュラー出演
同作がブームとなったことから、知名度が一気に高まりました。

1998年に主演を務めた『きらきらひかる』は評判が良く、2度のスペシャルドラマも放送されました。

その後も『彼女たちの時代』『カバチタレ!』『恋のチカラ』『スローダンス』などの話題作で主演を務めました

2003年には、ドラマ『阿修羅のごとく』で日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞を受賞。

そして2010年には、映画『悪人』で日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞を受賞。

みいこ
みいこ
最優秀主演/助演女優賞の両方を受賞している方は少なく、2010年当時で史上8人目。また『悪人』で深津さんとともに主演を務めた妻夫木聡さんも、この作品で最優秀主演男優賞を受賞していますよ♪

また2015年の主演映画『岸辺の旅』では、初めてカンヌ映画祭に参加しています。

「世界中数多くある優れた作品の中から黒沢監督の『岸辺の旅』が選ばれたということだけでわたしはうれしくて、ここに連れてきてくださった監督に本当に感謝しています。そして夫婦を演じた浅野さんと一緒にカンヌに居ることが、映画を撮っているときもそうでしたけど、ずっと夢の中に居るような感じで、刺激を受けましたし、楽しかったです」
引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0073275

深津絵里の学歴は堀越高等学校(東京都)偏差値38

日本音楽高等学校(入学時)

深津絵里が入学時に通っていた高校は、東京都にある日本音楽高等学校の音楽科です。

後により本格的に芸能活動を行うため、後述する堀越高等学校に転入しています。

住所:〒142-0042 東京都品川区豊町2丁目16-12

偏差値は41で、レベルは容易です。下位18%ほどにあたります。

東京都にある私立の女子校。
1903年に開校した同校は、日本の私立音楽学校の中で一番古い歴史ある学校です。

コースは「音楽コース」「幼児教育コース」「バレエコース」「舞台芸術コース」の全4コースが設置されています。

芸能活動に寛容だったため、多くの女性芸能人を輩出しています。

深津絵里と同じ日本音楽高等学校の卒業生
名前 職業
栗山千明 女優
工藤静香 歌手、女優
泉ピン子 女優

堀越高等学校(転入・卒業)

深津絵里が転校した高校は、東京都にある堀越高等学校の芸能活動コース(※現・トレイトコース)です。

深津さんが同校に転入した際は、単位不足により1学年下のクラスに編入しています。

住所:〒164-0011 東京都中野区中央2丁目56-2

偏差値は38で、レベルは容易。割合は下位約10%です。
しかし合否は書類審査で決まるため、実質偏差値はありません。

同校は多くの芸能人を輩出していることで知られている男女共学の私立校。

芸能活動と両立するための「トレイトコース」の他にも、「進学・進路選択コース」「体育コース」「育英コース」があります。

校則は厳しく、登下校の際に校門で感謝の意を込めて一礼する決まりも。

深津絵里と同じ堀越高等学校の卒業生
名前 職業
稲垣吾郎 俳優
高橋由美子 女優
桜井幸子 元女優(2009年に芸能界引退)
夏川りみ 歌手
緒方かな子 タレント
みいこ
みいこ
上記の卒業生は全員深津さんの同級生だそうですよ!深津さんは桜井さんと特に仲が良かったそうです^^

深津絵里の高校時代のエピソード

深津さんは中学時代から芸能活動を始めていたため、芸能活動が可能だった日本音楽高等学校に入学したようです。

当初は歌手を志望していたことから、音楽科に在籍。

1988年、高校1年生のときにJR東海のCMに起用されたことがキッカケとなり人気が出ました。

この時の芸名は「水原里絵」
同時に「高原里絵」名義でアイドル歌手としても活動していました。

1988年10月、1stシングル『マリオネットブルー』をリリースし、歌手デビュー

CDはシングル7枚、アルバム3枚を発売。
1989年には、音楽番組『ミュージックステーション』2度出演もしています。

新曲のイベントで観客の少ない地方のショッピングセンターを訪れることもありました。
しかし、残念ながらヒット曲には恵まれませんでした。

当時2つの芸名を使い分けていた理由については、次のように言われています。

「当時、『水原里絵』は『高原里絵』という同一人物のキャラを作り上げ、1988年10月に各々の名義で同日に歌手デビューしています。水原名義の設定では、少し影のあるミステリアスなイメージ。高原名義の時には、ボーイッシュで活発なイメージを曲と併用して使い分けていたようです。さらに、『深津絵里』としても歌手活動を行い、92年までに7枚のシングルと2枚のアルバムを発表しています」
引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_46889/?p=2

1988年には、映画『1999年の夏休み』で女優デビュー

1989年に出演した映画『満月のくちづけ』では、日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞。

1990年7月、『パラダイスにっぽん』ではドラマ初主演を務めました。

高校時代には、その他にドラマ『予備校ブギ』『ハイスクール大暴走』、映画『ステイ・ゴールド』に出演しています。

深津さんは当時グラビアアイドルとしても活動し、高校時代はかなり多忙だったようです。

より本格的に芸能活動を行うため、途中で堀越高校に転校しています。

堀越高校に転入した際、1学年下のクラスに入ったため、稲垣吾郎さんと同級生でした。

稲垣さんとバラエティ番組で共演した際、『高校時代に学校帰り、コンビニ行きましたよね一緒に』と話しかけられたが、深津さんは全く覚えていなかったという話も。

みいこ
みいこ
稲垣さんの出席率はかなり低くく、同級生ではあるものの学校でほぼ会わなかったため、深津さんは覚えていなかったようです。深津さんも多くの仕事をこなしていましたし、仕方ない気もしますが稲垣さんはショックだったでしょうね^^;

深津絵里の学歴は港区立赤坂中学校(東京都)

大分市立稙田西中学校(入学時)

深津絵里が入学時に通っていた中学校は、大分県にある大分市立稙田西中学校です。

住所:〒870-1154 大分県大分市大字田原378番地

大分市にある公立中学校。
田舎ののどかな田んぼに囲まれた環境にある学校です。

学級委員長を「中央委員」、その会議を「中央委員会」と言います。
生徒会長、副会長(各学年・男女各1名)は生徒全員の投票によって選出されます。

深津絵里と同じ大分市立稙田西中学校の卒業生
名前 職業
佐藤哲夫(パンクブーブー) お笑い芸人

港区立赤坂中学校(転校・卒業)

深津絵里が転校した中学校は、東京都にある港区立赤坂中学校です。

中学2年生で上京したため、同校に編入しています。

住所:〒107-0062 東京都港区南青山1丁目18番12号

東京都港区にある公立中学校。

港区北部に位置する同校は交通の便が良く、周りには乃木坂駅、赤坂駅、六本木駅があります。

教育目標は『友情と活力にみちた赤坂中学校の伝統のもと、知・徳・体の調和のとれた生徒を育成する』。

深津絵里と同じ港区立赤坂中学校の卒業生
名前 職業
比企理恵 歌手、女優

深津絵里の中学時代のエピソード

中学入学時は地元の中学校に通っていました。

わたしも出身が大分ですし、昔は田んぼのあぜ道を通って学校に行っていたので、故郷を思い出しました。
引用:https://www.cinematoday.jp/interview/A0002301

1986年、中学2年生のときに『ミス原宿グランプリ』で優勝し、芸能界入り

深津さんは芸能界デビューとともに上京し、港区立赤坂中学校に転校しています。

わたしは14歳のときに上京してこの仕事を始めたんですけど、東京ってどんな街なんだろう? というあこがれがすごくあって、単純に面白そうだと思っていました。まだ子どもだったんですよね(笑)。
引用:https://movies.yahoo.co.jp/interview/20090810001/

この時、母親は反対せずにやりたいことを応援してくれたそうです。

そして母親も上京し、高校を卒業するまで一緒に生活しました。

深津絵里の通っていた小学校は不明

深津絵里が通っていた小学校は不明です。

中学校の校区から、以下の4校である可能性が高いです。

  1. 大分市立横瀬小学校
  2. 大分市立横瀬西小学校
  3. 大分市立稙田小学校
  4. 大分市立宗方小学校

深津絵里の小学校時代、幼少期のエピソード

家族構成は両親と、深津絵里さんの3人家族。

母親は書道家の深津諭美子(ゆみこ)さんです。
文字を自分の感じたままの筆遣いで表現する「漢字アート」という作風で、個展も開いていました。

エンジニアだった父親の影響で、海外旅行に行く機会が多かったそう。
その影響もあり、深津さんは現在も旅行好きだそうですよ。

しかし、幼少期は母親はアパレル業界で働き、父親は海外赴任で年2回ほどしか帰ってこない時期もあったそうです。

「あの子が幼いころは私も働いていたし、夫も海外赴任中でした。家族は離れ離れで、夫と会えるのも年に2回ほど。だから、あの子には寂しい思いをさせたかもしれませんね」
引用:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1612057/

「深津絵里」という名前は本名で、「絵里」は父親が名付けています。

当時、父親は出張が多く、ぎりぎりで名前を付けたそう。
深津さんが生まれた瞬間は仕事で立ち会うことはできなかったそうです。

あかね
あかね
母親は「絵里」という名前を気に入っておらず、自分で考えた名前を別で用意していたという話もあります(笑)

子供の頃は目立つタイプではなく、友達の後に続くようなタイプだったようです。

静かな感じの子だった気がします。早生まれなので身長も低くて、みんなのスピードについていけない、みたいな(笑)。率先して前に出て、引っ張るようなタイプではなかったですね。
引用:https://www.ozmall.co.jp/entertainment/people/vol123/

また当時は流されやすい性格で、友達が「保母さんになりたい」と言うと、深津さんも影響されていたようです。

子供の頃は将来の夢があまりなく、とにかく「大人になりたい」とずっと思っていたと話しています。

みいこ
みいこ
響きが良いことから、薬剤師に興味を持ったこともあったそうです。でもそれほど本気で目指すほどではなかったみたいですね。

幼少期はピアノを習っていましたが、先生が怖くレッスンが嫌だったそう。

ピアノのレッスンは深津さんの自宅で行っていましたが、親を自宅にいない状態にして、居留守を使い、レッスンから逃れていたという話も。

あかね
あかね
ピアノのレッスンが嫌いだった深津さんですが、映画『岸辺の旅』では、ピアノ教師を演じています。

小学生の頃は意外にもサッカーをしていたそうですよ。

以上が深津絵里さんの学歴とエピソードまとめです。

深津さんは2021年後期の朝ドラ『カムカムエヴリバディ』への出演が決定しています。

プロデューサーの方からお手紙をいただいて、物語に私という存在が必要だとまっすぐに言ってくださって、ありがたいことだなと思いました。自分にも役割があるんだと、年齢を重ねて思えるようになったので、照れずに全力で役柄に向き合いたいと思います。
引用:https://lee.hpplus.jp/column/1938352/

連続ドラマに出演するのは13年ぶり。また同作が朝ドラ初出演となります。

今年で芸能活動35周年を迎えた深津さんが、どんなヒロインを演じられるのか期待が高まりますね♪